シグナスX ピストン割れ

ある日から、エンジンが暖気されきった状態からエンジンを止めて再始動しようとすると、かかりが悪い状態になっていました。この時はパワーダウンなどはありませんでした。
しかし、その一か月後くらいに、走行中なんだか力が弱いなぁっとふとバックミラーを見たときに後ろが白煙で真っ白で、まさかと思って振り返ったら自分のバイクから出てました!
あわててエンジンを切りましたが、走らないと帰れないので再度かけようとしてもかからなくなり、2時間バイクを押して帰りました( ノД`)

その後もエンジンがかかることは二度とありませんでした。

セルを回した時、軽く回るのでもしかして圧縮されていないのかと思って開けてみました。

10年10万キロぶりにピストンとご対面。

すると、お分かりいただけますでしょうか。中央より少し左上の部分に亀裂が...


IMG_2921.jpg

ヘッド真っ黒け。まあこれは10万キロオーバーホールしていなければ普通でしょう。

IMG_2922.jpg

シリンダーは焼き付き傷などなく綺麗です。

IMG_2925.jpg

ヤフオクで補修用ピストンが売ってたので買いました。メーカーが違うので形が違いますが、58.5mmの鋳造ピストンです。(右)

もともとのピストンはタケガワ製の鍛造ピストン(左)

IMG_2932.jpg

ピストンが届くまでの間にヘッドなど磨きました。

IMG_2927.jpg

そこで気がついたのですが、バルブとプラグの間にも亀裂がありました( ノД`)

IMG_2926.jpg

ヘッドの亀裂からも圧縮漏れを起こしそうですが、ダメもとで組みます。

IMG_2933.jpg

全部組み上げて、エンジンをかけようとしましたがかかる気配なし( ノД`) でも圧縮はしているようです。

燃料供給が怪しいと思いキャブレターにガソリンが送られているポンプのホースを外してセルを回して確認したら、やはりガソリンが出てませんでした。

そこで、負圧ホースを口で脈動させるとゴボゴボっと音がしてガソリンが出はじめたので、ホースを再接続してセルを回すとエンジンがかかりました!まるで人工呼吸(笑

どうやらポンプも弱っているようで、これも燃料供給不足からのピストンが割れという考えられる原因の一つかもしれません。

一応走るようにはなりましたが、当初のエンジンが暖気されきった状態から再始動しようとするとエンジンがかかりにくい症状が悪化した感じです。
数時間おいてエンジンが冷めきると一発でかかるのですが、これでは出先でエンジンが切れません。

IMG_2937.jpg

プラグやチョークを変えてみたり、キャブレターをOHしてみましたが、改善されず...
イグニッションコイル、CDI、燃料ポンプの交換までは試せてませんが、ヘッドにも亀裂があったり走行距離や年数的に遠出も不安で限界を感じ、乗り換えを決意しました。